小中一貫教育

小中一貫教育

日本一の学び舎を目指して
学力向上特化の小学校
水戸英宏小学校・中学校は「知の創造者たれ」を教育理念とし、義務教育9年間の連続性のある教育を実現します。「EIKO スパイラル型 9年間カリキュラム」を新たに策定し、スクールモットー「高度なことを 楽しく 確実に」の具現化を図っています。特色あるEIKOメソッドを通して、水戸一高・土浦一高へのトップ合格や全国の難関高校への進学を目指します。

これからのスタンダード“進学重視型教育”

  • 1.進学重視型教育

    小学校の学習内容の基礎・基本を確実に身につけるとともに、発展的学習を通して「思考力」「解決力」「想像力」を養成します。知的好奇心が旺盛な低学年の時期から、難易度の高い内容を楽しく学ぶ授業を展開しています。5年生修了時までに教科書内容を終え、5・6年生では小学校最高水準内容および中学校内容の学習に取り組みます。また、少人数教育の利点を活かして、ひとりひとりを大切にする「個別指導」の徹底を図っています。

  • 2.理数英才教育

    ICT教育

    「算数」「理科」の授業時数を重点的に配置し、自然や科学に親しむ心を育成するとともに、専門性の高い授業を展開しています。「問題解決型」の授業を通して、「論理的思考力」「発想力」を養成します。なお、生活科・総合の一部は、理科の学習に特化しています。

  • 3.ICT教育

    ICT教育

    コンピュータを学習のツールとして積極的に活用し、高学年ではプレゼンテーションやプログラミングなどができるようにします。情報モラルについても低学年から指導し、トップレベルのコンピュータリテラシーを身につけるようにします。

  • 4.国際教育

    国際教育

    1年生から英語の授業を週2時間実施しています。体育・音楽・図工などの技能教科でイマージョンを取り入れ、英会話に親しむ授業を展開しています。ブリティッシュヒルズへの国内留学や海外研修、海外ホームステイなどによって、国際感覚を育成しています。

EIKOの挑戦

「全国の難関中学校への合格」「感動の学校生活」「いじめ・暴力ゼロ宣言」

校名の由来

英(児童の優れた才能・資質) 宏(ひろく、大きく)児童の優れた才能・資質を、ひろく大きく伸ばして、国際社会の中で中心となって活躍する人材を育成していくという願いからつけられました。

教育理念・方針・目標・実践

理念
知の創造者たれ
方針
ひとりひとりの創造力と個性を大切にした教育を展開し、幅広い教養と高邁な識見を備え、国際社会の中でリーダーとして活躍できる人材を育成する。
目標
1.学習指導を充実させて児童・生徒の学力向上を図り、
 個々に応じた進路指導を推進する。
2.国際理解を深め、世界的視野の育成と国際感覚の涵養に努める。
3.基本的生活習慣の確立と自主的・自律的生活態度の伸長を図る。
4.自他の生命を尊重し、他人を思いやる心を育む。
実践
「ひとりひとりを大切に質の高い教育を実践する」

スクールモットー

「高い学力の養成」 「豊かな人格形成」

校訓

英知
優れた知恵、高い知性を身につける。
友愛
協力しあい、共に伸びる。
創造
新しいものを自分の考えで創り出す。
勇気
勇気を持って物事に挑戦する。
感謝
感謝する心を大切にする。

EIKOの教育体制

水戸英宏小学校の概要

設置者(代表者) 学校法人緑丘学園(理事長 田中久美子)
開校年月日 2012年4月1日
設置形態 私立小学校(小中一貫連携型進学教育)
設置場所 水戸市千波町2369-1
学期 三学期制
通学地域の範囲 通学範囲・通学に掛かる時間について制限は設けません。
入学者の決定 学習活動への適応力、学ぶ意欲や適性等について面接、
適性検査等により選抜。
2017年度の
児童募集
第1学年(35名)を募集します。(男女共学)
転入学受付中
中学校への
接続について
※小中一貫生のみの募集となります。