子どもたちの夢をかなえるために

  • 国語科 石川 真衣

     「日本語が話せるのにどうして国語を勉強するのだろう」そんな疑問を持ったことはありませんか?  国語を学ぶ意義、それはより良く生きるために必要なコミュニケーション能力を身につけることにあります。言葉という道具をいかに使うか。会話や文章の行間に隠された本当に伝えたいこととは何か。授業では、読む・書く・聴く・話すといった言語活動を通してより良く生きるための力を養います。EIKOの国語でコミュニケーションの達人を目指しませんか?

  • 算数科 福原 美紀

     1つの問いにじっくりと取り組むと、いろいろな見方や考え方が思い浮かんできます。「あれ?」「どうして?」と不思議に思ったときの驚き、「そうか!」「なるほど!」とわかったときの喜びや感動、「こうだったら・・・、どうだろう・・・」とそれらを活用したり、発展的に考えたりしていく愉しさなど、EIKOの算数は、おもしろいこと・たのしいことがいっぱいつまった宝石箱です。一緒に算数の世界の宝探しの冒険に行きましょう。

  • 社会科 前田 眞里

     「社会科は好きですか?」こんな質問を投げかけると答えは両極端。この傾向こそが社会科の特性です。暗記や調べ学習など学習方法はさまざまですが、水戸英宏小学校では「!」や「?」を大切にした学習になるように工夫を凝らしています。社会とのつながり、人間の働きや知恵など、生活の中で自然に学び取った事実をもとに、自分なりに考えたことや疑問に思ったことを話し合ったり繋げたりしながら問題を解決し、思考を深めていく授業を展開しています。

さとうまさゆき副校長相談室 学習する上で何よりも大切なことは、安心・安全な学習環境があること。水戸英宏小学校・中学校では、教職員・生徒・保護者が一丸となって 「いじめ・暴力ゼロ」  に取り組んでいます。また、 「さとうまさゆき副校長相談室」  を設置し、学習・生活に関するさまざまな悩みの相談・解決をしています。